頬の毛穴たるみを3つのケアで改善しよう

30代後半になると「頬の毛穴たるみ」が気になりますよね。

それに頬の毛穴たるみって、ファンデーションでも上手く隠せないじゃないですか。

上手く隠せたとしても数時間後に鏡を見たら・・・。

「ファンデーションが毛穴落ちしてしまって、逆に毛穴が目立っていた」

なんて経験をした人も多いはず。

そこで本記事では、頬の毛穴たるみを引き締めて毛穴レスをつくるための3つのケアをご紹介します。

頬の毛穴たるみを改善する3つのケア

頬の毛穴たるみを改善する3つのケアは以下の通りです。

  • 正しい洗顔
  • 保湿の強化
  • 顔トレ

これら3つのケアは同時に行うことで効果を発揮します。

なぜなら、30代以降のほとんどの人は複合的な原因で毛穴たるみが発生しているからです。

つまり、「正しい洗顔」「保湿の強化」「顔トレ」を全て行うことをオススメします。

正しい洗顔を身につける

頬の毛穴たるみを改善するには、洗顔方法の見直しが必要です。

誤った洗顔方法は頬の毛穴たるみを悪化させる原因です。

だから毛穴ケアのために正しい洗顔方法をマスターすることが欠かせません。

正しい洗顔方法

正しい洗顔方法を身につけることで、毛穴に詰まった汚れを落とすことができます。

  • メイクをしている場合はクレンジングでメイクを落とす
  • ホットタオルを顔に乗せて毛穴を開く(スチーマーでもOK)
  • 洗顔料をホイップ状になるまで泡立てる
  • 毛穴の汚れが目立つ部分に泡をのせる
  • クルクルと円を描くように優しくマッサージする
  • 泡を顔全体に伸ばして手のひら全体で顔全体を優しくマッサージする
  • ぬるま湯で泡が残らないように、しっかりすすぐ

【ワンポイントアドバイス】

  • 洗顔料をしっかり泡立てる
  • 手のひらで洗うよりは泡で洗うようにする
  • 細かく泡立てると毛穴の中の汚れも落ちやすくなる
【注意1】乾燥・肌のたるみが原因の場合は洗いすぎ禁止

乾燥や肌のたるみが原因で頬の毛穴のたるみが見られる場合は、洗いすぎないように注意しましょう。
洗顔料は肌への負担が軽いマイルドなものを選び、洗顔料を使って洗顔するのは1日の終りだけにします。
朝はぬるま湯で洗い流す程度が良いでしょう。

【注意2】洗顔力が強すぎる洗顔料は禁止

毛穴の汚れが詰まって頬の毛穴たるみが見られる場合、洗浄力の強い洗顔料で洗おうとしていませんか?
実は洗浄力の強い洗顔料は肌への負担が大きく、肌に必要な潤いまでも奪ってしまうのです。
そのため、皮脂の過剰分泌が原因となり、毛穴詰まりが悪化します。
頬の毛穴の汚れを落とすには、ホットタオルなどを使って毛穴を開かせた上で、細かく泡立てた洗顔料で洗うのがオススメです。

1週間に1~2回は酵素パウダーを使って洗顔しよう

特に毛穴の汚れが詰まりがちな人は、1週間に1~2回程度は市販の酵素パウダーを使って洗顔してみましょう。
酵素にはタンパク質を分解する作用があります。
毛穴に溜まってなかなか落ちない皮脂や古い角質を取り除くのに効果的ですよ。
酵素パウダーを使って定期的に洗顔することで、毛穴の詰まりが改善されて、頬の毛穴たるみが目立たなくなるでしょう。

【↓おすすめの酵素パウダーはこちら↓】

保湿力の強化

頬の毛穴たるみは保湿力の低下でも引き起こされます。

つまり、頬の毛穴たるみを改善するためには保湿力を強化することが欠かせません。

毛穴ケアは水分を補うのが大切

乾燥肌の人は保湿に気をつけている”つもり”になっています。
また、「保湿=油分を補う」と解釈している人も少なくないのも事実。

しかし、余分な油分は毛穴の開きの原因になります。
つまり、毛穴のたるみを改善するには油分よりも水分を補う必要があります。

洗顔後にはローションをたっぷりと浸透させて、肌に必要な水分を補ってあげましょう。

【関連記事】
>>洗顔後にオススメのローションはこちら

オイリー肌も保湿は必要

オイリー肌の人は「ベタつくのがイヤだから」と言って、洗顔後のお手入れをローションだけ塗っていませんか。
毛穴ケアの観点からローションだけ塗るのはオススメできません。

理由は、洗顔後の保湿が足りないと、肌は乾燥を防ぐために皮脂の分泌を促進させ、さらに皮脂が詰まりやすくなり、頬の毛穴たるみが悪化するからです。

オイリー肌であっても、洗顔後はローションの後に乳液やクリームでしっかりと保湿をするようにしましょう。

すると皮脂の過剰な分泌が抑えられ、毛穴のたるみが改善されやすくなりますよ。

【関連記事】
>>オイリー肌の人におすすめの乳液(クリーム)はこちら

肌の潤いをキープする成分

肌に補った水分が逃げてしまうと、肌は乾燥して毛穴が目立ってしまいます。

頬の毛穴たるみを解消するスキンケア用品を購入する場合は、補った水分を保持するのに役立つ成分が入っていることが重要です。

肌の潤いを保つために役立つ成分は「ヒアルロン酸」や「セラミド」「コラーゲン」があります。これらの成分が配合されたスキンケア用品を使用すると、潤いキープ力が高くなるでしょう。

また肌の角質層の奥にある真皮の潤いを保つには、コラーゲンやエラスチンの生成を促進する「ビタミンC誘導体」や「レチノール(ビタミンA)」が効果的です。

真皮のハリを取り戻すことで、たるんだ毛穴を引き締める効果が期待できます。

【関連記事】
>>肌の潤いを保つ成分が配合されたおすすめのスキンケア用品はこちら

表情筋トレーニング(顔トレ)で毛穴たるみを改善

肌のたるみで生じている頬の毛穴たるみの場合、洗顔と保湿だけでは改善できません。

改善するには、表情筋を鍛えて肌を深部から底上げして引き上げる必要があります。

とはいえ、表情筋を鍛えるだけで頬の毛穴たるみが解消するわけではありません。

洗顔と保湿を気をつけながら、表情筋トレーニングを実践し、相乗効果で改善するのがポイントです。

頬の毛穴たるみを改善する表情筋トレーニング(顔トレ)

  • 思いっきり笑顔を作ります
  • 頬に意識を集中させます
  • 「な~」と口角を上げて発音します
  • 「の~」と発音し、笑顔を保ったまま口角を上げます
  • 「い~う~え~お~」と続けて発音します
  • 同じ要領で「な~の~い~う~え~お~」と何度も繰り返します

【ワンポイントアドバイス】

  • 表情筋トレーニングは2分間続けます。1日1回でOKです
  • 思いっきりの笑顔を維持したままにしましょう
  • 全ての言葉でしっかりと口角を上げましょう
  • 一言一言口角を上げながらしっかりと口を動かしましょう

毎日2分間「な~の~い~う~え~お~」と笑顔で言うだけです。

2週間から1ヶ月経つと、洗顔と保湿の効果も出てきて、頬の毛穴たるみが目立たなくなります。

まずは2周間ほど毎日実践してみてください。