頬の毛穴をきゅっと引き締める方法

頬の毛穴を引き締める方法は「日々のスキンケア(セルフケア)」「美容皮膚科(クリニック)で治療する方法」があります。

でも、セルフケアやクリニックに通っていても、頬の毛穴が目立たなくなるまでには時間がかかります

スグに頬の毛穴を引き締めたい方は、応急処置として「毛穴隠しメイク」がおすすめです。

本記事では「セルフケア」・「クリニックでの治療」・「毛穴隠しメイク」で頬の毛穴を引き締める方法をご紹介します。

日々のスキンケアで頬の毛穴を引き締める方法

日々のスキンケアで頬の毛穴を引き締めたいなら、「収れん化粧水」や「美容液」、「パック」を使ってみましょう。

収れん化粧水

毛穴を引き締める化粧水として、「収れん化粧水」があります。

収れん化粧水は通常の保湿系化粧水とは異なり、肌を引き締める成分が配合されています。

収れん化粧水を使うことで、毛穴のケアや過剰な皮脂分泌を防ぐ効果が期待できます。

ただし、収れん化粧水を使うと肌が乾燥しやすくなるため、頬の毛穴が気になる箇所に部分的に使用するのが良いでしょう。

【関連記事】
>>おすすめの収れん化粧水はこちら

美容液

美容液を使って、たっぷりの美容保湿成分で毛穴に潤いを与えて乾燥を防ぐのもおすすめです。

肌の乾燥は皮脂の過剰分泌や、摩擦によって角栓ができる原因です。

美容液でしっかり肌に潤いを与えることで、毛穴のケアをすることができます。

【関連記事】
>>頬の毛穴に効く!おすすめ化粧水3選

パック

頬の毛穴を引き締めるには、毛穴ケアも大切です。

毛穴ケアとしては、毛穴パックが有名です。

でも毛穴パックで一時的に角栓が取れたとしても、刺激によって肌荒れを起こしたり、毛穴が開く原因となります。

パックを使って毛穴ケアするなら、洗い流す(塗る)タイプのパックがおすすめです。

洗い流す(塗る)タイプのパックは、吸着性や抗炎症作用、殺菌作用に優れていて、毛穴の汚れや角栓除去に効果的です。

【関連記事】
>>おすすめの洗い流す(塗る)毛穴パックはこちら

美容皮膚科で頬の毛穴を引き締める方法

美容皮膚科やクリニックで、頬の毛穴の悩みを治療することができます。

セルフケアでも頬の毛穴が目立ってしまう人は、医師の受診がおすすめです。

美容皮膚科やクリニックで行う治療は、「レーザー治療」と「ケミカルピーリング」です。

レーザー治療

頬の毛穴が目立つ箇所にレーザーを当て、古い肌の細胞から新しい肌の細胞へと再構築し、活性化していくことで毛穴を綺麗にします。

頬の毛穴の状態によって、レーザーの種類が変わるため、医師と相談しながら治療することになります。

【関連記事】
>>頬の毛穴を小さくするレーザー治療とは

ケミカルピーリング

頬の毛穴を引き締める専門の薬剤を使ったピーリングを行います。

頬の毛穴を引き締める効果や安全性から見ても、美容皮膚科やクリニックでケミカルピーリングを受けてみるのも良いでしょう。

近年では、市販のピーリング剤で自宅で行うものもありますが、ケミカルピーリングは個人の悩みや肌質に合わせて調合するため、より頬の毛穴を引き締める効果が期待できます。

メイクで頬の毛穴を隠す方法

セルフケアやクリニックに通っても、頬の毛穴が目立たなくなるまで時間(約1~2ヶ月)がかかります。

「明日は人と会うから、今すぐ頬の毛穴を隠したい!」と思っている人も多いはず。

そこで応急処置としてオススメなのが「毛穴隠しメイク」です。

毛穴隠しメイクは、いつものメイクに毛穴を隠すコツをプラスするだけでOK。

少しだけ毛穴を意識するだけで、毛穴隠しの応急処置をすることができます。

毛穴隠しメイクのやり方

  • STEP1:スキンケアでしっかり保湿する
  • STEP2:化粧下地は必ず使う
  • STEP3:リキッドタイプのファンデーションでカバーする
  • STEP4:コンシーラーで毛穴が気になる部分をカバーする
  • STEP5:パウダーファンデーションで油分を抑える

毛穴隠しメイクだけで済まさずに、スキンケアやクリニックに通って根本的な毛穴ケアを心がけましょう。